2012年1月アーカイブ

制作中

|

1817204607_125[1].jpg

 

一刻も早く外でスケッチしたいですが、やはりこの寒さでは急激に集中力を奪われるので(描いている間は全く寒く無いのですよ)、屋内で少しだけ細かい仕事をして休憩がてら描きます。
アトリエで今描いているのは、ヨモギの実です。
これから毎日すこしづつ描いていくところをアップします。

さて、そろそろ野外スケッチへ行きます。

作品の御紹介

|

1814955383_126[1].jpg

 

「芽」
こちらの作品のタイトルは、ハギと呼びます。 赤紫色の花をつけるあの御花です。秋の七種に登場し、「古今和歌集」でも詠まれているお花です。
実のところ萩を絵にする力が私にはまだ足りないと自覚しておりました。
と、申しますのも、小振りなお花でありながらも、細長い枝で、どこをどう切り取れば良いのかと苦戦し、また、根本的な写生の問題とも向き合うことになりました。
こうして色々と悩んでいた所に、萩の花がみたいというお話をK様に頂きました。と言うのも、この小さなお花に、励まされたということでした。
萩のお花は現在はこんな文字ですが、古来は「芽」と書いていたそうです。
季節を経て葉が落ちても繰り返し枝葉を息吹き、目一杯伸ばす強さからそう言われたそうです。
可憐な花をつけながらも、真が強く、人知れぬ山奥などで、咲いている様子を思うにつけ、挑んでみたいという気持ちになりました。 また、私もやはり萩に励まされたと言うのが本当な気がします。

夜になると、蝶が羽根を閉じるように、木枯らしが吹けば、葉をふるい落とすように、ひとつひとつの仕種にみいられ、大好きなコーヒーを飲み交わしながら、萩と親しみました。

いつかもっと大きな作品が描けるように、この作品が「芽」となって少しづつ、繰り返し枝葉を写生していき、育てていきたいです。

あらかわ画廊で展示中です

|
20120110.jpg
 
お久しぶりです。
会場では毎日、色々な方々との出逢いがあり、面白く過ごさせて頂いています。
地図や会場のお問い合わせは以下の通りです。

あらかわ画廊
0335665213

ご興味のある方は一緒に会場を楽しみましょう。

このアーカイブについて

このページには、2012年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年12月です。

次のアーカイブは2012年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。