2013年6月アーカイブ

1011725_494175803992008_104535341_n.jpg

御企画を頂いた山本冬彦先生を始め、連日の御客様からの御支持や暖かい御対応に励まされつつ、
御来場頂きました皆様に精一杯の応対をして下さいます。

先日は、そんな二宮様に親しみ、御支えをなさるとある方からの格別の計らいで現首相の奥様にも御来場頂きました。
ファーストレディーに御会いさせて頂くということは私の人生始まって以来の事です。
二宮様のご助力で、昭恵様とお話をさせていただき、貴重な経験をさせていただきました。

そうして、私の友人やいつも御高覧して下さる皆様にも同ように、丁寧に絵を飾る楽しさや喜びを教えて頂いています。

一旦、私は福岡に戻りましたが、クロージングにはまた駆け付けます。
展示は7月7日(日)まで開催しておりますので、引き続きご高覧頂けましたら幸いです。


 銀座かわうそ画廊 (東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル512)
 2013年6月22日(土)から 2013年7月7日(日)まで
 12:00~19:00  会期中無休  入場無料
 問合せ先 TEL:03-5766-3732

 クロージング七夕会:7月7日(日)17時より

03.jpg


やっぱり本物には敵いませんね。 庭先の額アジサイです。誕生日月に咲く花は蒸し暑い時節を、癒してくれます。
写真にある手前のスケッチは作品にして以下の画廊に搬入しています。庭先の誕生花を梅雨らしく、白雨に柔らかく描いてみました。
私は、21日から上京?26日夕方、7月7日にかわうそ画廊に在廊予定です。


銀座かわうそ画廊オープン記念展
「山本冬彦のまなざし」

会期
2013年6月22日(土) ~ 7月7日(日)12時~19時 会期中無休

イベント
オープニングパーティー:6月22日(土)17時から
クロージング七夕会:7月7日(日)17時より

参加作家
岩渕華林・大熊弘樹・小川香織・河端通浩・木村浩之・佐藤明日香・眞田勇・塩澤清志・平良志季・立木美江・谷口朋栄・田村星都・忠田愛・辻蔵人・堤康将・富元秀俊・藤木佑里恵・藤原泰佑・門田奈々・山口裕子・山田彩加・若林真耶

会場
〒104-0061
東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル512

お問い合わせ
artkawauso@gmail.com
銀座かわうそ画廊オーナ
二宮真理子様まで


*6号のヒートンをつけ忘れてしまいました、二宮様、御迷惑をおかけします!

1012623_363421670446964_2049527285_n.jpg

我が家の「かわうそ」

|
954831_363637157092082_1201720369_n.jpg

御案内状にある挨拶文を拝見していたら、ふと、我が家にも「かわうそ」がいるとおもいました。
ボールが大好きで、かわうその習性と同じぐらいに、いつの間にか散歩中に見付けて拾い集め、我が家に溜め込んでいます。
スーパーゴムボールに、古いソフトボール、テニスボールに、よくわからない丸い木の実まで。
一体何処から...何故?そして散歩中ずっと離さずにいるなんて、健気です。
見た目は3歳、中身は年頃の娘・名前はピノコです。
21日より上京します。銀座かわうそ画廊は22日よりオープンです!

1014323_361376210651510_1710486501_n.jpg

写真はかしいかえん(香椎花園)での野外スケッチ大会の様子です。Oさんが、鍛錬遠足に来た小学生のみんなに、囲まれています。
子供たちは「すごく上手」や「ばりうまい」と素直な反応で興味深々でした。

昨年からの一年間で、絵画教室は大きな節目を迎えました。
一つは、天神に3つ目の教室を開校することができたこと、もう一つは、初めてギャラリーでの教室展が出来たことです。
この一年間で、ゼロから始めた天神復古堂教室でしたが、新たに12名の受講者様が通われるようになり、全体では38名の皆様に絵のことを私の知る範囲ではありますが、御話をさせていただいています。
また、教室展では、春先と秋に展示し、その他の展示を含め、述べ約1000人の来場者を記録しました。展示を通じ、面白い出合いが沢山ありました。受講生の皆様同士で交流を深められたようで、それも嬉しく思いました。

まさかあのときのことがこうなるなんて思いもしなかったです...

外でいつものようにスケッチをしていたとある日、熱心に描かれた絵を見せて下さる方がいました。
素敵な絵だったので、ただ嬉しくて感想を述べさせていただいただけでした。
とある日、その方が通われていた絵画教室の先生が実は不在になるので講師をやってみませんか?
...と、モデルでもないのに、まさかの路上でスカウトを経験したのが7年前の事です。
それをきっかけにして前述したようになりました。
ここでもまた絵が糸に会うと書くことを噛み締める次第です。

未だに、御一人御一人の元々御持ちの絵を描く能力をいかに引き出せるかと考えることは沢山あります。
それでも、私以上に粘り強く、人生経験が豊富な受講生の皆様御自身で、自ずと自分の描き方や、私の知らない絵を制作してくださり、御指導させて頂けることなどは殆どありません。
私のアドバイスや知識は、アイデアを導くのに必要な材料を提供する位の事しか出来ないのです。
ですから「何かを教えてやろう」という気持ちにはなれないものです。
受講なさる皆様が私よりも沢山の知恵や人生を御持ちでいらして、私よりも格段に絵をわかっていらっしゃると思うことがよくあるからでもあります。何よりも、絵は趣味であったり、受講者様の人生のごく一部分ですから、当然ながら人生についてなど、私が教わることのほうが圧倒的に多いです。
教室の間はいつも皆様は熱心で一生懸命で、明るく楽しそうです。
皆様の顔を拝みつつ、いつも癒され、描くことに集中出来ます。

Nさん、大野城市の公募展の入選、おめでとうございます。Eさん、御体を大切に。お待ちしています。
私も頑張ります!

130512_143258.jpg

写真は、先月の福岡SEL画廊での展示の様子です。
6日間で約600名の皆様にお越しいただき誠にありがとうございました。

また、先月の東京望美楼での展示では、地元の作家では無いにも関わらず、暖かく迎えて頂きまして、とても嬉しかったです。併せて御礼を申し上げます。
私はどう考えても美しい容姿や華々しい授賞歴、名高い評論家の推薦等がある華のある作家では断じてありません。

...強いてつよみがあるならば、御酒とカラオケ等の宴会芸位です!
しかしながら、毎月のように御企画に呼ばれて作品を展示をさせて頂く機会に恵まれています。
これは、私の努力だけでは叶わぬことで、御一人御一人のお力添えによるものです。
作品に御関心を寄せていただき、御支持を頂きまして、それが展示と制作の大きな支えとなっています。
絵は糸に会うと書きますが、何度もこの言葉を振り返る度に、感謝の気持ちで一杯になります。
はてさて、来週は、かわうそ画廊での展示です。
これもまた皆様より恵んで頂いた賜物だと思います。
繰り返すようですが、私はあまり取り柄のない人間ですから、飾って頂けることはいつも奇跡のようなことだと感じております。
作品を描かせて貰えるのは、私の作品に向きあって下さる方々がいらっしゃるからだと、肝に命じています。
わざわざ時間を割いて足を運んで頂きました方に、ムダ足だった...と思わせないような制作を心がけていきたいと思います。

感謝を込めて、制作に励みます!


1827_large.jpg

企画展に参加させて頂きます。

2013年6月22日(土)から 2013年7月7日(日)まで
12:00~19:00 会期中無休
銀座かわうそ画廊 (東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル512) 
入場料   無料
問合せ先 TEL:03-5766-3732

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。