2013年7月アーカイブ

はてさて、今月は東京で3つの展示の御企画に参加させて頂きます。銀座かわうそ画廊様のオープニング記念「山本冬彦のまなざし」展と吾妻橋のアビアント様で毎年恒例の「うちわ」展、そしてもう一つは月末に予定されています銀座枝香庵様の「サマーフェスタ」展です。
枝香庵様での展示は数年ぶりですので、嬉しい限りです。
枝香庵の荒井様に出会って約6年ほど経ちますが、少しは成長したと思って頂けると良いのですが。
少なくとも初期のギャラリーの前で道に迷うは、クリアーできた今日この頃です(笑)

それともう一つ嬉しいことが。
22日にロイヤルベイビーが生まれましたが、私の従兄弟の重人君にも可愛い結ちゃんが誕生しました!
早々にテレビに出演したロイヤルな運をもつ結ちゃん。今は誕生花にちなんだ花を描いています。

画像は取材中のもの、道端に生えたマツヨイグサです(待宵草)。
ひときは黄色くて、その名の通り、夜を待って咲く花です。
通りで、昼間に取材に出掛けたらいつも見ているはずが見付からなかったです(笑)そして描く間に萎れていく...小さく赤くなってしまいました。
俗に太宰治さんが
「富士山に、月見草が良く似合う」
といった言葉を残していますが、この月見草とは本来の白い大輪の月見草ではなく、色合いから待宵草を指したのではないかと言われています。
竹久夢ニさんの
「待てど暮らせど 来ぬ人を 宵待草の やるせなさ」
というメロディーは、有名だそうです。ハッキリと待宵草をさした訳ではありませんが、名前が似ているのでこの花かと言われています。
イギリスでは、イブニング・プリムローズと呼ばれ、根の部分からはブドウ酒のような香りがするとか。
真夏の夜を彩る草原の月のようなお花で、満月の如く輝ける結ちゃんに相応しいです。
とまあ、私も親バカならぬ親戚バカかもしれません(笑)

「枝香庵・サマーフェスタ2013」
2013年7月31日?8月7日(会期中無休)
銀座・ギャラリー枝香庵
約80名の作家様と御一緒に展示をさせて頂きます。

1017709_379379762184488_1570906754_n.jpg

長崎へ

|
12034_374253312697133_639287332_n.jpg

叔母さんに招かれてコクラヤギャラリーに行ってきました。第29回二美会に出品なさっていました。とても広く、打ちっぱなしの壁は近づくと、壁紙だったとわかり、さらにビックリでした。
恵美ちゃん、重人くん、こんな感じで、お母様は元気でしたよ。
絵をみる限りでもそれが伝わってきました、見応えがあり1時間半程観賞しました。

近く、東京へ行くそうですが、そちらはやはり照り返しが暑いですね。
意外と長崎は朝晩はかなり涼しかったですよ。

ただいま長崎県立美術館のカフェですが、頂いたチケットでアントニオロペス展を見て急ぎ福岡に戻ります。

1043991_370234369765694_1785064234_n.jpg

気が付かなかった。「山谷」の名前は分かりにくくなっているのですね。通りで安いと思いました。

確かに部屋は狭いですが、快適でした!アトリエのある六本松に少し似ているのかもしれません。
冷暖房も各部屋にあり、共同の風呂や御手洗いも綺麗でした...ただ、風呂の底が何故か深い(笑)
「涙橋」バス停から、直通で浅草に行けます!そして吾妻橋のアビアント様の隣、アサヒビールのカフェ&バーで、開店を待っていたところです。

今日は吾妻橋アビアントの初日、5時半?オープニングです。
風情あるうちわや風鈴など「作家の一点もの」を雑貨感覚でどうぞ

ギャラリーアビアントHP


福岡は山笠の季節

|
1044772_368654559923675_38233522_n.jpg

写真は昨日の天神絵画教室のすぐそば飾山笠です。

ただいま銀座かわうそ画廊様で山本冬彦まなざし展に出品中ですが今週6日からは吾妻橋アビアントでもうちわ展です。

今回は風鈴もお題に含まれています。
ここ1ヶ月で新作11作制作をさせて頂き...個展でも授賞でもないのにどれだけ恵まれているのでしょう!若輩者でまだまだ未熟だとは思いますが作品に御支持を頂きまして、出品の御依頼を頂ける幸せを実感しています。

頂きました御縁を大切に謙虚に腕を磨いていきます。
7月は予定より2日早め、5日~8日、また月末も上京です。 気合いを込めて「オイサー!」

このアーカイブについて

このページには、2013年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年6月です。

次のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。