2014年3月アーカイブ

帰福の途中

|
1966883_481793441943119_525875213_n.jpg

つい先程の今朝の霊峰。

これが楽しみで新幹線。
眠気をおしても見る価値がある富士山。

今も昔も変わらぬ、まるで別世界。

今朝は快晴につき、新横浜からずーっと見えていた。
車内から携帯で撮影です。
引き続き東京では銀座松屋と、新宿損保ジャパン美術館での展示中です。

Next Art展会場へ

|
6時。今からJRで東京へ。明日は今頃東京を発ちます。お早うございます!福岡の朝はまだまだ暗いですよ。
今日の銀座松屋のnextart展の初日も、明日の福岡三越の2人展のイベントの御企画も外せない。
結果、題して24時間弾丸上京ツアー決定です。

このツアー、床に寝れば、やはり痛寒くて、12時に寝ても4時には起きます。

写真は、これが博多のバーゲンポスターばい!しゃれとんシュワーシリーズより1枚。撮影は博多駅です。

ちなみにCMは、黄色いコートを着こなし、博多駅にもたれてキメポーズのウルトラの母です(笑)

早く布団で寝たい!!今晩はホテルの床では寝たくないな...

床に寝る生活、それはまるで修行僧みたいだと言われつつ...

Next Art展

松屋銀座にて本日より10日月曜日まで開催です。
私の作品は1点のみですが、力ある若手の作品が揃っております、ご高覧頂ければ幸いです。
詳しくはHPを御参照下さい。

バルタン星人に魅入っていたせいか、2時頃会場に着きます。

1978802_481271005328696_470362292_n.jpg

1925194_480826612039802_308882429_n.jpg

絵は「糸」に「会う」と書きます。

睡眠時間が惜しくて体が痛くなったら起きれる床で寝る生活...
私は決して絵を描くのだけが好きな訳ではありません。
一枚の絵を通じて、沢山の縁に恵まれること。これが楽しみでやっている仕事です。 

展示をすると、一枚の絵の前で、生涯接点のなかった世代も背景も全く違う知らぬ人間同士が奇跡的に出会う、『人生の交差点』がそこにはあります。

私は巨匠と呼ばれる作家ではありませんし、ましてやただの無名のまま終わってしまうかもしれない、夢だけはある若手の作家です。

ですが、一枚の絵の前で人として向き合うことは出来ます。

それは、誰もが、野に咲く花を道すがら思わず見付けた時に
『わあ、キレイだなぁ』と心で呟いて、
ふと、立ち止まるようなものです。

その心の声を聞くことが出来たり、言葉を交わすことも出来ます。

写真は福岡城跡の野藤のスケッチ。
絵のお陰で人と出会い、スケッチで藤に出会い、そしてまた展示をして、人と出会い。

縁が植物のように育っていく。

描くもまた、『苗』に『手』と書きます。

足を止めて作品を見て貰えるよう、縁が育つように...

ただの苗をこの手で花のある絵に出来るように。

私が腕を謙虚な姿勢で磨いてゆくこと。

これが大切なのだと、眠気を醒ましつつ。 

明日は銀座松屋です。

2013 3 6 7/365


スケッチ&メモ

|
作風とは故意に作るものでなく、
自然と滲み出るもの。

幅があっても、
個を感じられるもの。

それらを支えるのは素の魅力

2014/3/1・6/365制作メモ

今日は風邪で雨につき制作中の部分図(福岡岩田屋三越画廊の2人展に向けて)。
友禅染&料紙風味。明日がギャラリー風の最終日、搬出日。

1920452_478844922237971_1452376850_n.jpg

このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。