熊本個展7日目

|
10527539_540586719397124_2270858213964232008_n.jpg

なかお画廊にて御礼の色紙絵を制作をしています。線が濃くて、色が鮮やかで。何だか漫画の表紙の植物バージョンみたいですね(笑)

雨の中、福岡から、そして御収蔵になった皆様に。
色紙絵の制作中は、何本描いて欲しいか、何色が好きかとか、今日はどんな気分かとか。

御客様に伺いながら一緒に考えて描いたので、筆を持つのは私ですが、競作のようなもので、自分自身の中にはない引き出しを借りて、ホウホウと学ばせて貰っています。

いくつかはその場で持ち帰られましたが、こちらは会期後にお渡しするものたちです。
なかお画廊さんの敷地の紫陽花や、ホテルの隣の花屋さんなどから御花を調達して、御客様が途切れた時や、お話しをしながら愉しく制作をしています。

はてさて、今からまた御収蔵になられた方に描かねば。
このような制作法は出来ないと思っていたのにも関わらず、これが良いと2ヶ月ほど前に励まして下さったY様がいました。 
それ以来、数を重ねて、自分自身のものに出来るようにしていきたいと思います。 
...といいますか、毎日色んな花を咲かせて楽しいです。

以下は昨日と今日に贈ります色紙絵の宛先の方に向けて。

先程はKさま、朝から福岡からの御来場ありがとうございます。また、ずっとすぐそばにありながら行けなかったカフェや鰻を頂きまして、佐土原が大好きになりました。
開廊前に御待たせしましたね、にも拘らず御収蔵頂き誠にありがとうございます。

また、昨日のあの土砂降りの日に御来場頂きましたあなた様。まさかの御来客に嬉しくもつい引き留めてしまいましたね。愉しい雨の日になりました。
一村の模写、楽しみにしています。是非日本画を続けて下さいね。御注文につき10月末まで御待たせしますこと、御詫び致します。



このブログ記事について

このページは、立木美江が2014年7月 4日 12:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パステルとステンシル画  扇マサ子・忠幸  親子展」です。

次のブログ記事は「上野の森美術館で「絵を描くはじめ」展が始まります」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。