2014年11月アーカイブ

帰福

|
1538749_613701382085657_8487366703609181297_n.jpg

羽田から福岡へ夜間飛行する時にいつも見えるオレンジに淡く光る東京タワー。
空中からはやたらと目立っていて、スカイツリーがオープンする前から変わらぬランドマークを窓から望む景色。

太宰曰く「富士には月見草がよく似合う。」ならば「赤坂には東京タワーがよく似合う。」

銭湯には富士、ホテルの窓からは東京タワー。

新幹線なら富士、飛行機なら東京タワー。

東京タワーには小田和正さんの「ラブストーリーは突然に」もよく似合う。

高校生の頃に聞いたラジオの音声のように、エコノミーな窓辺から望む景色に何だかワクワクしてノスタルジーな気分で憧れます。


パレットギャラリー 装丁画展へ

|
10420178_613267202129075_3423340137911950496_n.jpg

本日はパレットギャラリー杉本様より、ホテルに御送り頂きましたが...イツモノをやっちまいました

清力美術館で企画展示を頂きました一方で宛名を書き忘れた葉書を100枚投函して元美術館館長の吉武先生に付き添われ、郵便局に菓子折りをもって謝罪した日...。

企画展の主催者と私が置き忘れた財布を早朝から探した日。

着物コーディネーターの杉原様に柳川のウナギを御馳走頂き、アート談義を致しました一方で、着るものを宿泊先で忘れてユニクロへ...さらに翌朝は靴下を忘れている事に気付き、御客様の御自宅のタンスから靴下を拝借した日。

...そして今日は、ホテルの名前を間違えて覚えていて、今何処な瞬間でも、東京の空は煌々と輝いていました。

なにもやらかさない日がほしい! 

こうしていつも皆様の御助力を得てホテルへたどり着き、今日を無事ではないにしろ終わらせる事が出来ました。 

これで絵が描けなければ本っとうにただのクズ人間です。 
たまにごみ箱に頭から突っ込みたくなる衝動に負けそうになるとです...

描くこと以外が並みの人間の半人前であることをよく自覚して分を弁えて行動したいと反省しつつ。



大川清力美術館より 2

|
10402995_611659258956536_8949798065662181345_n.jpg

左上の茶色いフックは、青木繁先生の作品をかけるために、補強されたものです。
この応接間のような空間の元々の持ち主は、食うに困っていた青木繁先生に絵を描かせ、生活を支えていました。
今では広島の美術館をはじめ全国区に知られた名画も、かつては明治の頃に筑後川流域の一人のとある酒蔵の主人が、美術に関心があり、画家を育て、今では街の文化になりました。
今は酒蔵の名前と街の名前、そして一階を美術館改装し、「大川市立清力美術館」と呼ばれています。

美術館を貸し切りで展示して頂きまして、後援頂きました大川市並びに大川教育委員会にも感謝を申上げます。
作家を育てる文化が家具の街には根付いていますことを、私の作品を持ち寄って下さった大川市並びに筑後川流域の皆様からも感じることが出来ました。

収蔵した作品を持ち寄って展覧会なんて、なかなか無いことだと主催の小さな小さな美術館様に深謝をしつつ

麻布十番の御礼は後程!!枝香庵様の御助力にありがとうを重ねつつ

清力酒造も美術館とともに、地域に親しまれています。



大川清力美術館より

|
10805666_610780439044418_4669403069082640033_n.jpg

清力酒造の美術館であった現大川市立清力美術館。
かつて九州唯一の美術館として、青木繁ほか様々な画家がこの美術館を頼りにしました。
明治の面影を筑後川とともに。

麻布十番パレットギャラリーは、明日は作家が多数訪れております。 
私は、来週の水曜日と木曜日に終日在廊致します!

10710922_609794772476318_7578792812257012325_n.jpg

本日は麻布十番パレットギャラリーの展示初日です。
事前の準備から約半年...気合いの入ったご企画に感謝を重ねつつ。


パレットギャラリー ( http://palette-gallery.jp/ )

明日からは、大川市立清力美術館にて美術館を貸し切りで個展です。
早朝に地元の新聞社より取材で、大川市泊。

筑後川流域の豊かな自然の恵みと御縁に感謝をしつつ...具体的には本日の準備で私が場を荒らす中、飾りつけをして頂いた美術館関係者の皆様、送迎まですみません、元館長、母上様、そして御収蔵のみならず、飾りつけまでこなす御客様!


10418267_604551709667291_3735222227864678333_n.jpg
   
第50回 小さな小さな美術館 「立木美江 日本画展」
 2014年11月20日(水) ~ 11月24日(月) 9時~17時
 大川市立 清力美術館 ( 福岡県大川市大字鐘ヶ江77番地16 )
 問合せ先 > TEL:0944-86-6700

2011年に個展を開かせてもらいました。
それ以来、暖かい方々に支えられています。
 また、お会いできることを楽しみにしています。

大川市清力美術館の皆様、ご企画頂きました貞苅さま、いつもありがとうございます。
 今回はは前回同様、大川市教育委員会の助成を受けることになりました。
大川セールス課の方にもお世話になります。


 小さな小さな美術館さまホームページ



装幀画展Ⅱ~文学とアートの出逢い~

|
dm11.jpg

装幀画展Ⅱ~文学とアートの出逢い~ 
2014年11月19日(水) ~ 11月30日(日)
麻布十番パレットギャラリー
( 東京都港区麻布十番2-9-4 ) 
問合せ先 > TEL:03-6435-2336

「山月記」を1点出品しています。
どうしてもこの作品から離れられず、中島敦著作の名作をついでにいろいろ読み返すもやはりこの作品が大好きです。

ご企画頂いたパレットギャラリー大島&杉本さま、山本冬彦様、御子柴大三様をはじめ、新潮出版社様、お世話になります。





2014年冬 福岡岩田屋三越美術特選会

|
CIMG49111.jpg

2014年冬 福岡岩田屋三越美術特選会
2014年11月14日(金)~11月16日(日)
10時から20時 ( 最終日は午後6時閉場 ) 
福岡三越 ( 福岡市中央区天神2-1-1 ) 
作品の展示販売

年から引き続きお世話になっています福岡岩田屋三越画廊の皆様の温かいお心づかいにいつも感謝しております。

ここ一年で4度目の福岡三越での展示、今回は秋の特選会の会場です。去年は特集を組んでいただき、その後美術画廊で展示をさせて頂きました。
今回は小品を中心に5点出品しています。




このアーカイブについて

このページには、2014年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年10月です。

次のアーカイブは2014年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。