2016年3月アーカイブ

生徒さんの作品紹介3

|
福岡市天神、新天町復古堂ギャラリーの「教室展」が終わりました。
ご来場頂きました皆様、誠にありがとうございました。

展示を機に東京へ旅立つ人、久しぶりに東京から戻ってきた生徒さん、横浜から御来場のお客様。 
日本のどこかで展示を楽しみにしている方々がいらっしゃるのだなぁと、旅立ちの季節にしみじみ。


田代さんは一年間のスケッチも一緒に展示しました。
上手くなっていくのがよく分かります。「継続は力なり」と、お客様も感心していらっしゃいました。 
開ききったチューリップも絵にすると良いかんじですねぇ。
河村さんの「万両」は、最近流行りの 「墨流し」という技法を応用した背景に初挑戦して、植物は岩絵の具で描かれています。
岩絵の具は3作目、作者の気持ちが伝わる作品です。


寿子さんは野原さんと同じく初めての絹地です。お客様から「絵画教室は刺繍も展示するのですか」と尋ねられましたので、日本画材と説明しました。エキゾチックで喜びがあふれる個性的な作品です。


基本の力を付ける目的は、自分の形に自信を持って頂くためです。
人生は他人と比べるものではなく、絵もまた同じかと。
今まで歩まれた道程は生徒さんみんな違って、私にはない長い旅路を歩んで来られています。
私の仕事は、生徒さん達の個性に気付いて、それを引き出すことです。
御自身を信じて、自分だけにしか出来ない表現を突き詰めていってほしいと思います。

20160402.png

生徒さんの作品紹介

|
教室展には山口県からもお客様が来られました。
ゆっくりお話が出来ませんでしたが、ご縁のある方とは、何度でも巡り会うものなので、また再会することを信じています。

転勤で明日旅立つ東さんもfacebookに作品が乗って喜ばれていました。
関東に行っても頑張って下さいね。
「雲竜椿」を描いた野中さんの作品は揉み紙の技法で、日本画の重厚感があります。 
大学の通信講座や市民講座で勉強中です。

「野ぶどう」を描いた扇さんの作品は、空間構成が個性的でパステルで深みがあります。 
福祉施設でボランティアで教えたり、レストランで親子展をなさったり。
その人にしか出来ない描き方は必ずあるはずで、学習法は他人とは全く違いますが、御二人とも自分を信じてまっすぐ一心に歩み続けて欲しいと願っています。
ただ、休憩や息抜きだけは忘れないで、お楽しみください。

201603-2.png

生徒さんの作品紹介2

|
福岡市天神にて開催中の絵画教室展、明日の五時までになりました。
一週間は早かったように思います。

今日ご紹介する阿部さんは、仕事で絵を描いていましたが、日本画の作品はまだ数点です。
普段の教室では、いつもスケッチをなさっています。
礎がしっかり有れば、不思議と経験のない画材でも使いこなせてしまう御様子です。 
さすがですね。

木戸さんはデザイナー志望。水彩画家のはるさき先生から、パース(遠近法・透視図)について、詳しく色々とアドバイスを頂きました。
示をすると、その道のプロの声を伺う機会があるので、貴重な経験を得られましたね。
デザイナーも日本画家も、パソコンのソフトを覚えたり、和紙を水張りしたり、感性だけではなく、職人芸のような技術力が求められることもしばしば。

日本画は70歳まで新人だそうです!!
生徒の皆さんもわたしも一緒に手に職をつけるつもりで、気長に焦らず修練していきましょうね。

20160401.png

教室展がはじまりました

|
今週末まで、福岡市天神の復古堂ギャラリーで絵画教室展中です。 
相変わらず生徒の皆様の作品が個性豊かで、お客様がビックリています。
野原さんは初めての絵絹の作品を。出来すぎて本人も驚いています。
東さんも同じく初めての絵絹と日本画です。洋風で素敵ですよね、こんな日本画も有りかも。
はじめからこんなに出来てしまうと、教えることがほぼないので困ります。
日本画のジャンルは、画材で分別する方法と、美意識で分別する方法、簡単にいうと、大きく分けてこの二種類があります。 

どちらが正解と言うわけでもないので、
人生と同じく、自分なりの価値観で自分にしかない「日本画」を見付けて頂けると嬉しいですね。

201603-1.png

教室展のご案内

|
来週は、絵画教室の展示で会場に午後1時から終日会場にいます。
今日は、絵画教室展示の案内をもっていたから、不審者にならずすんでよかったです!...確かに、画家、しかもスケッチを何時間も同じ場所でじーっとしているというのは、子供たちには珍しい光景かも。
「あやし人間ではない!」「絵を描く仕事なんだよ」と連呼しつつもなかなか説得力がなく、、「お絵かきの先生」という肩書きはありがたいことだ。
明日は雨、でも、梅の枝なら書けるはず、木の芽が生える前にスケッチをがんばらねば!
開催期間2016年03月22日(火)から 2016年03月27日(日)まで
開催時間11時~19時(最終日は17時まで)
料金無料 
内容2012年より新天町復古堂ギャラリーにおいて、立木美江絵画教室が開講されています。
その生徒さんたちの作品展です。
去年に引き続き4回目になります。
個性豊かで、いろいろな表現を楽しんでいます。
日頃の成果をご高覧頂けましたら幸いです。
私が弱音を吐いたら、母がノコギリを背負って...」
↑日本画の制作家庭(?)の一部です。

以下、メルマガより転載です。ちょっと照れくさいですが、
横浜中華街大珍楼の料理、モツ鍋県民には堪らなくおいしかったです。


「大珍楼自慢の料理をひと皿づつご紹介する独自インターネット番組
大珍楼広東郷土料理伝「舌賛のひと皿」12皿目をお届けします。

今回は、牛モツを大根など一緒に
様々な生薬や多種類の油を使って煮込んだ一品。

食べて頂いたのは、福岡在住の日本画家 立木美江さん。
福岡ではもつ鍋は日常食ですが、
こんな複雑な味のモツは食べたことがないと立木さんも舌を巻きます。

そして出てきたびっくり仰天エピソード...。」

http://daichin.co.jp/zessan/no12


5年目の3.11に寄せて

|
3月11日、九州の今の私にできることは、ほんの小さなこと。
黙祷を捧げて、義援金をおくらせていただくこと。
東北の復興を心から祈っています。


アトリエを間借りしているFIDFF映画祭事務局では
3.11映画祭を今現在開催中です。

3.11映画祭は本日、全国各地域で一斉に行われているとか。
小さなことも降り積もれば大きくなると信じて。
まだ5年、善意の輪が途切れることのないように。

3.11映画祭IN福岡公式サイトはこちら

ネクストアート展開催中

|
「ネクストアート展」松屋銀座会場での展示がはじまりました!
6日は途中で一件用事を済ませたり、休憩をとりつつも、午後2-8時頃まで会場におります。

Next Art展 展示情報

会 期 : 2016年3月4日(金) - 7日(月)
     午前10時から午後8時(5日は午後6時、7日午後4時まで)
会 場 : 松屋銀座 ( 8Fイベントスクエア )
 
▼下記の特設ページでは、私の作品もご紹介頂いてます!

このアーカイブについて

このページには、2016年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年2月です。

次のアーカイブは2016年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。