生徒さんの作品紹介2

|
福岡市天神にて開催中の絵画教室展、明日の五時までになりました。
一週間は早かったように思います。

今日ご紹介する阿部さんは、仕事で絵を描いていましたが、日本画の作品はまだ数点です。
普段の教室では、いつもスケッチをなさっています。
礎がしっかり有れば、不思議と経験のない画材でも使いこなせてしまう御様子です。 
さすがですね。

木戸さんはデザイナー志望。水彩画家のはるさき先生から、パース(遠近法・透視図)について、詳しく色々とアドバイスを頂きました。
示をすると、その道のプロの声を伺う機会があるので、貴重な経験を得られましたね。
デザイナーも日本画家も、パソコンのソフトを覚えたり、和紙を水張りしたり、感性だけではなく、職人芸のような技術力が求められることもしばしば。

日本画は70歳まで新人だそうです!!
生徒の皆さんもわたしも一緒に手に職をつけるつもりで、気長に焦らず修練していきましょうね。

20160401.png

このブログ記事について

このページは、立木美江が2016年3月25日 13:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「教室展がはじまりました」です。

次のブログ記事は「生徒さんの作品紹介」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。