2017年6月アーカイブ

三人展 天然自然のご紹介

|
「天然自然展」は日本画×陶芸×現代美術 異色の組み合わせですが、なぜだかぴったりと合い、インスタレーションアートな空間です!

左は銀箔地を掘り込んだ梅に流水作品と、アーロンが地味だから飾りにくいといっていた作品が絶妙です。

右の現代美術の作品は色のグラデーションで、陶芸も色のグラデーションと、打ち合わせをせずになぜかこうなりました。外のお客様が多く通りすがりに入ってこられます。
ジャパニーズなもの、おしゃれなもの、使えるもの、それぞれに感心を持っていただき、誉めてもらうと、万国共通にうれしいもので、英語、勉強したいなぁと思う限りでした。

パレットギャラリーの杉本・大島さんのセンスでこんな並び方になりました。
展示のプロのセンスに感謝です。

私は明日はご挨拶周りで、展示を告知行脚してまいります。香月さんの在廊日です。もし御連絡をいただきましたら、パレットから1時間以内におりますので、御遠慮なくお声掛け下さい。

17・18日は立木、19日はアーロンです。


20170615-1.png
780-400.jpg

日本の住居に「小さなアートスペース」をイメージしてます。

現代版の床の間のような感じです、玄関スペースにのような壁面×棚でひとつの作品といった感じです。現代美術×陶芸 日本画×陶芸 奇跡のコラボレーションです。

見る楽しさと飾る楽しさと語る楽しさの三つ巴でもあります。
パレットギャラリーは麻布十番祭りの会場、パティオ十番のすぐ側で、19日まで展示中です。
19時まで開いてます(最終日は17時までです)ご用のついでにでもどうぞ

20170615-2.jpg


関東展示情報

|
来週火曜日まで、引き続き、東京九段下耀画廊にて展示中です。
月間美術も引き続き今月号(5/20日発売六月号)が発売中です。

いづれも現代の花鳥画ジャンルの特集のような一面があるかなと私は思います。アートに限らず、ガーデニングや俳諧の世界がお好きなお客様などでも楽しめると思いますので、もしよろしければ御鑑賞ください。
 
来週水曜日6/14日から、麻布十番パレットギャラリーで九州産業大学の仲間三人でグループ展示です。詳しくは以下を御参照ください。
私の在廊日は14・17・18は全日、16日は夕方から担当します。
担当時間以外は、近くにおりますので、
もし御入用でしたら、お気軽にお声掛け下さい。


三人展 天然自然
 
天然自然(てんねんしぜん)とは「あるがままに、人の手が加わらないで存在する状態」を意味します。全ての作品には作り手の想いや、創意工夫など、様々な手が加えられますが、今回展示する3人の作家は陶芸・日本画・現代美術とジャンルは異なれど、画材や素材の持ち味、特性を活かした、そのままの魅力を伝える作品を創作する三人展です。
やわらかさと温かみを帯びた作品たちをご高覧頂けましたら幸いです。
  
My work is based on combining the proportions found in nature and the human body with my own ideals of beauty. The balancing of these two elements can lead to a beautiful work of art. Studying and understanding the working of this natural design methodology opens the mind for creation, and enables us to actualize ideas that otherwise dissipate in indecision. 
 
 
日時:2017年6月14日(水)~6月19日(月)   
    11:00~19:00(最終日は18時まで) 
会場:パレットギャラリー
    東京都港区麻布十番2丁目94   
    TEL 03-6435-2336
陶芸 アーロン・リー・ブラウン (http://aaronbrowne.jp/
現代美術 香月美菜 (http://katsukim50.wixsite.com/katsukimina)
日本画 立木美江 (http://www.tachiki-yoshie.com/)
 
201706-01.jpg



東京九段耀画廊にて御子柴さんの御企画に参加させていただきます。明日から展示で、一点のみですが、グループ展示の仲間に搬入をしていただき、感謝です。
画廊主の富田光明様にもお気遣い頂きまして、最終日、13日に上京いたします。
展示期間は二週間です、俳句×絵画の組み合わせです。
今年は、自分の画風を確立すべく、色々と挑戦中です。
絵画に限らず、俳句が趣味という方でも、入場無料ですので、長雨の時節、日本の文化に親しんで頂ければと思います。
 
詳しくはHPをご覧下さい。
2017年6月2日(金)~6月13日(火)12:00~19:00
(最終日~17:00) ※月曜休廊
 
〈俳句へのオマージュ〉展 Vol.1
かつて画家のちひろが一茶、遙邨が山頭火、竹喬が芭蕉に魅せられその俳句世界を描きました。おそらく絵画と俳句に共通基盤があるからです。今展では現代の画家さんにその伝統を引き継ぐべく俳句世界に挑んで頂きました。
 
御子柴大三(企画者)
東京九段耀画廊
住所:〒102-0075 東京都千代田区三番町7-1-105 
(朝日三番町プラザ1F) 
開廊時間 Open Hours:12:00 - 19:00
休廊日:月曜日 Monday is closed 
TEL:03-5357-1960
FAX:03-5357-1959
E-mail:yohgarou@abeam.ocn.ne.jp
 
 

このアーカイブについて

このページには、2017年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年5月です。

次のアーカイブは2017年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。