本年もお世話になりました!2018年もよろしくお願い致します!

|
今年の締めくくりにご報告。
『月刊美術』 巻頭特集 12月号 アート・オブ・ザ・イヤー2017にご掲載頂きました。
今年一年間の巻頭特集で振り返る主旨の企画です。
『月刊美術』イチオシ作家2017今年注目の60人にて新春号にご掲載頂き、6月号の日本画花図鑑でも取り上げ頂き、
福岡にてマイペースに制作するばかりで、植物の取材に没頭して、例年通りに引きこもり生活は変わっていません。
身に余る事であると恐縮するばかりです。

思えば今年は本州での6年ぶり、京都では初めての京都・蔵丘洞画廊様での個展に始まり
締切に追われるばかりで引きこもりの多かった一年間でしたが、沢山の方のご厚意で、
一枚の絵を通じて出会うことが出来ました。ありがとうございました。

秋からは合計7メートル×3メートルの制作に追われ、携帯が壊れたり、Facebookにもついていけなくなり
なかなか更新や報告が出来ずにおります。
大作が落ち着き次第、勉強とご挨拶や御礼状を送付させていただきたいと思いますので
お待たせしております皆様、失礼をお許し下さい。

今年は充実感のある年で、自分の短所と長所に向き合う年でした。
苦手なところを何とかするよりまずは得意なことを確立させること、見えた課題を集中的に解決するのが来年の仕事です。
来年は今以上に努力出来るように、謙虚と感謝を大切に勤めますので、宜しくお願い致します。

急な事ですが、身内に不幸がございまして、新年のご挨拶を控えさせて頂きます。
年賀のご挨拶にでも報告したいと思うこともあったのですが、また後日。
皆様、良い年をお迎え下さい。

2018年があなたにとって、素敵な一年でありますように。
健やかな年でありますよう、お祈り申し上げます。

内容紹介
【巻頭特集】
グラビア+評論で振り返る主な出来事
アート・オブ・ザ・イヤー2017
+誌上で買える今年のアート28点

201712.jpg

このブログ記事について

このページは、立木美江が2017年12月31日 22:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「Xmas&はじめ展」に参加いたします。」です。

次のブログ記事は「立木美江 ノートン・コール 藤井連 三人展」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。