7月14日~16日は熊本に在廊予定

|
20180713.png

海の日まで熊本・なかお画廊で展示中、夕方は午後18時まで、明日から最終日まで在中しています。

つい先日親しくさせていただいた珈琲屋さんに、花のない世界の話をしました。
どちらも無くても生活に困らないものです。

誰かに贈るためにちょっと照れながら花束を抱えたり。
誰かを見送る時にも沢山の花で、嬉しい時も悲しい時も人に寄り添って、
心を時には慰め、励ましてくれます。

悲しさは比べるものではなく分かち合うものだと、
そっと道端の草花が教えてくれました。

花は心が優しい人でないと描く資格が無いそうです。

なかお画廊では画廊主の計らいで最終日まで募金箱設置させて頂いています。
草花に心を込めて一筆一筆描きました、どなたかのお心に、
ほんの小さな草花ですが、お届け出来ればと幸いです。
 
 
 
立木美江個展 草花心酔
2018年7月7日(土)~ 7月16日(月・祝)
10:30~19:30 (最終日は17時迄)
 
なかお画廊
〒862-0916 熊本市東区佐土原1-13-2
tel:096-368-9562 

このブログ記事について

このページは、立木美江が2018年7月13日 21:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「熊本・なかお画廊での個展オープニングパーティの御礼」です。

次のブログ記事は「山本冬彦と招き猫美術館推薦作家らによる 招き猫型板作品展」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。