研究の最近のブログ記事

12006378_760184280770699_745177530057564235_n.jpg

ただ今、明日のリハーサル(京都産業開館)にむけ、京都に移動して、ホテルで原稿を書いています。(今朝は徹夜でしたので、みごとな朝焼けを見ることができました)

ワークショップでは、素描の模写を予定。

今回は、意匠を1つのテーマにということで、琳派を継ぐ京都の作家さんに、制作の参考にしているもの、自分自身だけの「意匠」(オリジナルデザイン)を生み出す方法を伝授してもらいました。

写実と写生の違いや、数百年間ヒットし続けている描くことの極意がかかれている東洋番の技法書の御紹介なども、少しお話しを出来ればと思います。

東洋独特の美意識についても、いくつかのキーワードを決めて、御話しさせて頂きます。

その他にも色々と準備をしていますが、琳派の作品の新たな見方に、ほんの少しでも親しんで頂ければ幸いです。

福岡でも、琳派400年記念PRのCMが流れていました。
若輩者につき、僭越ながら、よろしくお願い申し上げます。
僭越ながら京都で2時間ほど琳派の講演をさせて頂くことになりました。
京都産業会館で17日に装飾芸術の頂点 琳派400年─江戸時代の染織意匠─」と題しまして、
シリーズ化されているセミナーの江戸時代その1です。

詳しくは、公益社団法人京都染織文化協会様のHPをご覧ください。
卒論の抱一の論文から、お話が広がり、只今、原稿を書いているところです。
身に余る光栄な事なので、申し訳ない限りです。
若輩者の制作者につき、失礼もあろうかとは思いますが、精一杯勤めますので、よろしくお願い致します。


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち研究カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは画業です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2015年9月: 月別アーカイブ