Yoshie Tachiki - Blog



New Horizons 2020 (新しい視野)へ参加

|
20200531.jpg


耀画廊富田様、ノートンご夫妻のご配慮並びにVar GalleryオーナーのJosh様のご尽力でWebでの展覧会を開催する事が出来ました。

思いもかけない嬉しいお知らせに、ただ感謝するばかりです!
アメリカまで旅をした作品は幸せ者だなぁとつくづく思うにつけ、国境を越えて展示を何とかさせようとしてくださったご厚意に深謝申し上げます。本当に幸せです。

展示が5月23日(土)から7月4日(土)まで開催されている『New Horizons(新しい視野)』というグループ展に参加させて頂いております。
 
小作品3点をアメリカで展示させて頂いておりますが、なんとオンライン上のバーチャルギャラリーでご覧いただけますので、ご自宅でもご覧いただけます。
  
なんとも凄い時代になりました!!
素敵な企画・貴重な機会にお誘い頂きましてありがとうございます!
  
  
New Horizons 2020

SATURDAY, MAY 23rd - SATURDAY, JULY 4TH 
2020年5月23日(土)-7月4日(土)
ar West Gallery
423 W Pierce Street Milwaukee WI, 53204, USA

展示:


Var West:


コンセプト動画:
 
 
20200531-2.jpg

日本画NEXT展2020

|

展示は延期となりましたが、ギャラリー風さまにWebでの展示・紹介をしていただきました。

ありがとうございます。

引きこもり生活ですが、制作だけはなんとか続けています。

最近は相棒を手伝って地元六本松商店街のお手伝いをボランティアしています。

絵画教室、ギャラリー風ともに新天町という賑やかな商店街です。

活気が戻る日を心から願っています。


95501523_3017935538265679_2175262882290204672_n.jpg


ギャラリー風

「日本画NEXT展2020」(延期・未定)


●立木美江(たちき よしえ)

作品名:「万両(まんりょう)」 サイズ:F6(軸装)


●コメント

光を浴びる事なく、華やかではない無名の草花にも心があり、生命の物語が存在し、時には数年に及ぶ長いスケッチの時間を通じて草花が語りかけるようにその魅力を私の心に諭してくれます。植物の肖像画ともいえる作品を今日も描き続けています。春を待つ植物ように、今はじっと家で絵画でも眺めて和やかにお過ごし頂けると幸いです。


●プロフィール

1983年生まれ、福岡県出身

現在 日本美術院 院友、美術史学会・九州藝術学会所属

2006年 九州産業大学卒業制作展 優秀賞

2007年 再興第92回 院展 初入選(以後、秋の院展は3回入選)、院展 巡回展各地(日本橋三越、北九州市立美術館等)

2008年 第63回 春の院展 初入選(以後、春の院展は2回選)

2009年 第15回松柏美術館花鳥画展 優秀賞受賞

2010年 再興第95回 院展 入選 院友 推挙

2011年 九州産業大学大学院 芸術学部東洋美術史専攻 博士号取得、個展「日本美術院 院友 立木美江日本画展」(大川市清力美術館)

2012年 第1回『デアルテ』論文奨励賞 九州藝術学会学術論文 学会賞「酒井抱一筆《夏秋草図屏風》の銀地背景に関する一試論」、第23回 臥龍桜日本画大賞展, アートアワードネクストⅡ入選

2013年 空想美術大賞展 特別奨励賞受賞

    トーキョーワンダーウォール公募2013入選

2014年 NextArt展(松屋銀座「朝日チャリティー美術展」併設会場)、FACE展損保ジャパン美術賞展(損保ジャパン東郷青児美術館)、三菱商事アート・ゲート・プログラム(丸の内パークビル)、絵を描くはじめ展(上野の森美術館ギャラリー)

2017年 個展「草木の情景 立木美江日本画展」(京都・蔵丘洞画廊)

2018年 立木美江個展「草花心酔」(熊本 なかお画廊)

2019年 2019冬福岡岩田屋三越美術特選会 (福岡三越 特設会場)

2020年 元旦に鳥飼八幡宮の本殿にて「藤図屏風」を展示

教室1周年

|
お陰様で教室はこの春、1周年迎えることが出来ました。
デザイン、日本画・水彩画・絵画教室、子供のためのART教室など
四人の先生と50人余りの生徒さんの集う場所になりました。
今はオンライン化してデザイン教室のみ開講しています。

教室名前は友人がつけてくれた『アトリエカフェイエ』

商店街、生徒、友人、家族、皆がカフェで和やかな気持ちになれるように。

いづれこの事態が落ち着いたその時には、どなたでも六本松にコーヒー飲みにきてくださいね。

今日もコーヒーを淹れつつ、いづれまた再開するまでは存分に制作道具を広げて、
花を咲かせておこうと思います。

20200502.jpg

『山桜』満開

|
『サクラサク 制作&寄付編』

緊急事態宣言以降、様々な事に取り組んできましたが、 
ようやく様々な事に区切りが見えました。

皆様にとっても青い鳥が舞い込んでくるゴールデンウィークになればという願いを込めて、
様々なサクラが咲いたことをご報告します。

今日は先ずは画家の本分、制作&寄付編。

山桜は満開に。

金泥で細部を書き込んで絵絹の繊細さを生かします。
空間をたっぷり使って花びらを際だたせました。

今年はお花見が出来なかったという方も多いと思いますが、
描いたり、食べたり、想ったり。
楽しむ気持ちがあれば自宅でお花見気分にはなれるなぁと、
日常を彩る事の大切さが身に沁みました。

そして何よりも人の繋がりの大切さを実感しました。

色々あって、制作に手がつかないような事もありましたが、
作品が一つ完成した事は自分にとって大きな励みになりました。
ここまでお付き合い頂いた皆様、ありがとうございました。

20200430.jpg

『山桜』九分咲き

|
『かつて漬け物石言われた論文もしくは凶器とも言う。』

展覧会無くなり、スケッチに自由に行く事も叶わず、
絵画教室も全てお休み、引きこもって制作をするだけですが、
医療従事者を始めコロナ禍で多くの人が大変な思いをされている中で
本当に自分はこれで良いのかと思うにつけ、何かがしたいと思ったら、
全く画業とは関係ありませんが100店舗からご希望をお伺いし、書類申請を段取るにつけ
全く違う事でも熱意をもって誠実にやれば、下手でもどうにかなると思えるのも、
かつて論文で格闘した結果、やればできると思えるようになりました。

かつて漬け物石言われた論文、もしくは凶器とも言う論文。
中身はさておき、836ページの辞書みたいな重さの存在感あるモノ。

申請書類を清書するにつけ、本当に勉強していて良かった、
人の役に立てて良かったと、大学院に通わせてくれた親に感謝が募ります。

桜は9分咲き、裏彩色された花びらを桜色に表から彩色します。
満開までもう少し。

93421095_2708197872635987_8902050230472540160_n.jpg

『山桜』八分咲き

|
『一友二酒三肴』
こんな事も有ろうかと、撮っておいたのは思い出でした。

今日はコロナへの対応は一段落、ひとまず通常画業に戻ります。

自他共にゆったりとした気分転換になれるように書き留めていたつもりが
嵐のような出来事に枯れ枝の葉のようになす統べなく、
ただほんの少し自分が成し得たことを
書付ておけば、いつか役に立たない限らないと思いました。

桜は8分咲き、裏彩色を終えたところです。
裏彩色が表に出ることはありませんが、
こうして書くこともまた、裏彩色です。

今はお休み中ですが、
いづれまた二人で春を味わいたいです。

92960353_2688154457973662_3482354260916568064_n.jpg

『山桜』七分咲き

|
『代わりは、ない。変わり、あり。』
商店連合会事務局のコロナ対応におわれて2日が過ぎました。
飲食店中心に全業種に影響が出ています。かく言う私も描けない日が続いています。

刻一刻と状況が変わる中、六商連として、
全業種に向け地元の子供が好きなヒーローあしらった3密の掲示板を制作し、
各店舗の軒先に置いてもらいました。

山桜は7分咲き。裏から胡粉で着彩し、表面の彩色の発色を良くします。


92348196_2685740588215049_6138052996686151680_n.jpg

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Copyright © 2004 Yoshie Tachiki All Rights Reserved.