Yoshie Tachiki - Blog



日本画NEXT展2020

|

展示は延期となりましたが、ギャラリー風さまにWebでの展示・紹介をしていただきました。

ありがとうございます。

引きこもり生活ですが、制作だけはなんとか続けています。

最近は相棒を手伝って地元六本松商店街のお手伝いをボランティアしています。

絵画教室、ギャラリー風ともに新天町という賑やかな商店街です。

活気が戻る日を心から願っています。


95501523_3017935538265679_2175262882290204672_n.jpg


ギャラリー風

「日本画NEXT展2020」(延期・未定)


●立木美江(たちき よしえ)

作品名:「万両(まんりょう)」 サイズ:F6(軸装)


●コメント

光を浴びる事なく、華やかではない無名の草花にも心があり、生命の物語が存在し、時には数年に及ぶ長いスケッチの時間を通じて草花が語りかけるようにその魅力を私の心に諭してくれます。植物の肖像画ともいえる作品を今日も描き続けています。春を待つ植物ように、今はじっと家で絵画でも眺めて和やかにお過ごし頂けると幸いです。


●プロフィール

1983年生まれ、福岡県出身

現在 日本美術院 院友、美術史学会・九州藝術学会所属

2006年 九州産業大学卒業制作展 優秀賞

2007年 再興第92回 院展 初入選(以後、秋の院展は3回入選)、院展 巡回展各地(日本橋三越、北九州市立美術館等)

2008年 第63回 春の院展 初入選(以後、春の院展は2回選)

2009年 第15回松柏美術館花鳥画展 優秀賞受賞

2010年 再興第95回 院展 入選 院友 推挙

2011年 九州産業大学大学院 芸術学部東洋美術史専攻 博士号取得、個展「日本美術院 院友 立木美江日本画展」(大川市清力美術館)

2012年 第1回『デアルテ』論文奨励賞 九州藝術学会学術論文 学会賞「酒井抱一筆《夏秋草図屏風》の銀地背景に関する一試論」、第23回 臥龍桜日本画大賞展, アートアワードネクストⅡ入選

2013年 空想美術大賞展 特別奨励賞受賞

    トーキョーワンダーウォール公募2013入選

2014年 NextArt展(松屋銀座「朝日チャリティー美術展」併設会場)、FACE展損保ジャパン美術賞展(損保ジャパン東郷青児美術館)、三菱商事アート・ゲート・プログラム(丸の内パークビル)、絵を描くはじめ展(上野の森美術館ギャラリー)

2017年 個展「草木の情景 立木美江日本画展」(京都・蔵丘洞画廊)

2018年 立木美江個展「草花心酔」(熊本 なかお画廊)

2019年 2019冬福岡岩田屋三越美術特選会 (福岡三越 特設会場)

2020年 元旦に鳥飼八幡宮の本殿にて「藤図屏風」を展示

このブログ記事について

このページは、立木美江が2020年5月11日 12:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「教室1周年」です。

次のブログ記事は「New Horizons 2020 (新しい視野)へ参加」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Copyright © 2004 Yoshie Tachiki All Rights Reserved.